展示場・ショールームに行く前に準備しておくこと

「住まいづくりの勉強」と、展示場やショールームへ
行く方が多いと思います。
今日は展示場・ショールームへ行く前の準備をお教えします。
■展示場
展示場は基本的には行ってはいけないんです。
なぜなら「そこが展示場」だから。
完成見学会やオープンハウスといった、
“これから誰かが住む”場所なら別ですが、
展示のために作られた家を見ても参考になんてなりません。
と、割り切ってから行くようにしてください。
○所持品リスト
・デジカメ
・メジャー(100均のもので大丈夫です)
・メモ帳
・スカートよりもパンツで
・靴下を必ず履く
※展示場では出されたスリッパは履きません。
床暖房がされているのならその暖かさを感じましょう。
されていなければどれぐらい冷たいのか?
デジカメはメモ帳代わりに使います。
可愛いと感じたところや便利だなと感じたところを
どこのメーカーだとか気にせずにバリバリ撮っておきます。
アイディアは他社でも使えますからね(笑)
メモはとにかく取りましょう。
営業マンの名刺にその営業マンの雰囲気も。
記憶は薄れてもメモは薄れません。
iphone_20120330132710.jpg
■ショールーム
TOTOやパナソニックなどの設備があるのがショールーム。
間取りも決めずに行くのは時間の無駄です。
間取りがある程度固まってから行くようにしましょう。
◎所持品
・デジカメ(撮影禁止もあるので注意してください)
・メジャー
・スカートよりもパンツで
できれば工務店や住宅会社のスタッフが一緒だといいです。
TOTOでもパナソニックでも「自社が一番!」と言います。
どこでも主観的な話しばかりなので、
客観的な意見を言ってくれる人が必要なのですね。
ナビゲーター代わりに建築スタッフを同行させてください。
+
長くなりそうなので次回、改めて書きますが、
展示場もショールームもいくつかのグレードが展示してあります。
いくつかのグレードを並べて比べれば、
高いグレードが欲しくなるのは当然ですよね。
行く前に自分のイメージを作ってから行くようにし、
自分のイメージに合っているものを探すようにしたほうが
目移りせずに本当に欲しいものを選べると思います。
ゴールデンウィークはイベントも多いですからね、
ぜひ、いろいろなところを見て回ってくださいね。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ