放射能と住宅と建築物の深い関係

福島県の二本松でコンクリートに使用される砕石から
放射能が検出されたのは記憶に新しいと思います。
この場合、誰に責任があるのか?
どうやって回避したらいいのか?
ということを学ぶ勉強会に出席してきました。
fc2blog_201204180807104d0.jpg
説明されたのは秋野弁護士(←クリック!)
この業界では有名な方で、主に住宅紛争を扱っています。
東京と大阪に事務所を持っていますので、
トラブルの際には相談すると良いと思いますよ。
一番の問題が、放射能に関する基準もルールもないところ。
そういう場合は似ている事例を参考にするのですが、
今回のケースは参考にできる事例もほとんどないそうです。
そりゃそうですよね。
今回の事故は前例のないこと。
トラブルも今までになかったことなので、
判例も事例もないんですね。
判断するのがとても難しいんですね。
たぶんこれは建築の世界だけではないと思います。
食品や衣類をはじめ、多くの世界で似たような事例が
でると予想することができます。
住宅は数千の部材の組み合わせですからね、
それらひとつひとつの放射能を測定していては
工事費の高騰につながりかねません。
空間線量計では部材の放射線量は計測できませんから、
放射能の原因を特定することは無理なわけですね。
(実際、タイルに含まれる鉱物本来の放射線が原因だったことも)
夏の需要増を見越して、各地で原発再稼働の動きがあります。
原子力発電所の安全性ばかりが注視されているようですが、
こうした周辺の法整備についても、私たちユーザーがしっかりと確認し、
万が一の場合に備えなければなりませんね。
+
住宅資金の勉強会を開催します。
日時:5月6日 午後1時半~4時半頃まで
場所:モリハウジングショールーム「アトリエ」
講師:川崎英明先生(AFP)
自己資金で建てる方もローンで建てる方も必聴!
あなたの住宅資金計画、本当に間違いないですか?

+
ゴールデンウィークはモリハウジングへ!
5月1日 午後1時半頃~ 無料相談会オープンオフィス
■住宅資金■土地の選び方■建物の性能とは
みなさんの疑問に幅広くスタッフがお答えします。
5月2日 午後1時半頃~ 木工教室ナチュリア
かわいい木製の壁掛け棚を制作していただきます。
5月6日 午後1時半~ 住宅資金の勉強会
100万円得する勉強会。住宅資金計画に自信ありますか?

+
スタッフを募集しています。
モリハウジングのスタッフと一緒に働きませんか?
自分自身で考えて提案した内容が
お客様の喜びにかわります。
僕たちと楽しい家づくりをしましょう!
詳細はハローワークか当社スタッフまで。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ