美しい緑と住宅と木

私たちの作る家は木造です。
木はほとんどの場合、国産の木材を使用しています。
ご存知の方も多いと思いますが、日本は大変に「木」が多い。
日本の国土に対する森林の比率は70%弱で、
これは、中国の15%弱と比較しても、かなり大きいんです。
ちなみに国民一人当たり中国は0.1ha、日本は0.2haです。
ところが、その日本が木材を輸入しています。
割り箸は中国から輸入していますしね。
(割り箸の原料の生産国に対しての誤解はまた別の機会に)
日本は住宅を生産するのに十分足りる木材を
国内に有しているのにもかかわらず、
一生懸命タンカーなどで木材を輸入しているんです。
国内の木材を山から切り出して製材し、
住宅に使用すればよいことはたくさんあります。
1.山を管理するようになる。
2.間伐材の供給が増える
3.木材の輸送にかかる原油量が減る
4.森林伐採などの雇用が増える
5.海外での日本向けの違法伐採が減る
6.植樹管理が進み、花粉症が減る
まだまだあると思います。
早くこうなったら良いなーと思いますが、
なかなか国産木材の利用が増えないのが現実。
モリハウジングはちょっとでも力になれればと、
自社物件は基本的に国産木材を使っています。
(それでもフローリングは輸入材です)

20120507_36er3543.jpg

工場が海外へ流出したり、景気が低迷したりしています。
でも、こうやって国内の産業を盛り上げられるような
工夫や努力をしていかなければ変わるわけがないんです。
日本でデッキ材に多く使われる「ウリン材」は
インドネシアやマレーシアで「日本で売るために」
違法伐採により激減しています。
大切なことは、私たち工務店もそうですが、
施主様の意志を持っていただくこと。
「木材なんてどこの国のものを使っても構わない」
ではなくて、国産の木材を使ってほしいという、
意志を持っていただくことが大切なんです。
クロスの色やキッチンの付属品などしか
説明をしない工務店やビルダーが多いとは思いますが、
どうかそうした細部まで気にして見てみてくださいね。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ