夏対策その5

夏対策シリーズも5回目です。
おさらいです。
1.日射遮蔽(←クリック!)
2.通風(←クリック!)
3.断熱
4.蓄熱
5.換気
今日は断熱について、です。

20120705_6354354354e5433.jpg

高気密高断熱住宅を「冬のため」と考えていませんか?
高気密高断熱住宅を「冬のため」と考えているのは一般の方だけでなく、私もつい数年前までそう思っていました。
だから高気密高断熱住宅は敷居が高くなってしまうのです。
実はですね、夏もすごく大切なのです。
だって、冷房使いますよね!
もし、「俺はクーラーは使わねーよ」と言われるのなら特に以下をお読みください。
今後はクーラーが必要になります!
昔は住宅にはたくさん隙間がありました。
だから夏もほどほどに空気が抜けて暑いですが過ごせました。
ところが今は一般の住宅でもほどほどに気密が高いので特に暑いのです。
みんなアルミサッシでしょう。
そして、以前と比べると防犯の意識が高いです。
窓を開けっ放しで寝るのって怖くないですか?
つまり、窓を閉めてクーラーを付けるのが現代の住宅なのです。
これからどんどん格差は広がり犯罪は増えますよ。
冬だけでなく、夏対策としての断熱が必要なんです。
さらに!です。
気密を高めることで通風(←クリック!)も効率が良くなります。
気密が良いということはストローと一緒。
ストローの途中に穴が開いていたらどうなります?
吸っても吸ってもジュースもアイスコーヒーもすえませんよね。
気密が良ければこその通風計画というわけです。
高気密高断熱が夏対策として必要だと思いませんか?
明日は蓄熱です。お楽しみに~。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ