暑さと湿度と病気の関係

私はアトピー性皮膚炎です。
アレルギー体質なんでしょうね、たぶん。
もし、あなたがアレルギー体質でなければ興味のない事かもしれません。
アレルギー体質には『住まい』が大きく関係しているんです。

冬、気になるのは結露ですよね。
実は夏も結露をしています。
だって、喫茶店でアイスコーヒーを注文するとグラスにいっぱい水滴がつくでしょ。
夏だって結露をするんです。
結露を起こす場所がちょっと違うんです。
窓ガラスではなく、壁の中、なんです。
多くの場合そこには綿のような断熱材があり、綿は結露した水分を吸収するので湿度の高い状態に。
気温が高く湿度が高い、ということはそこはカビが生えます。
鉄筋コンクリート造りのマンションには断熱されていないものが今も見られます。
クロスを剥がすと、裏側がびっしりとかびているんですが、見たことありますか?
無垢の木材をたくさん使っても、自然素材の塗料を使っても、シロアリ防止に黒炭を塗っても、結局夏型結露を防止しなければアレルギーの対策にはならないということです。
あなたにだけ、こっそりとお教えします。
「アレルギーにならない家」とは「断熱と気密」が大切なんですよ!

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ