命の重み

釣り堀に行ってきました。
海や川へ行っても釣れずに子供たちが飽きてしまうことは「想定内」。
そんなんでイライライライラするのも想定内なので、釣り堀へ。
餌を付ける⇒糸を垂らす⇒吊り上げる⇒糸を外す
といった一連の作業のうち、子供たちがやるのは糸を垂らして吊り上げるのみ。
餌を付けるのも、糸を外すのも、釣れないとボヤク子供たちを慰めるのも私の仕事。
一匹も釣っていないのにヘトヘトになりました。
釣った後は子供たちに任せます。

IMG_5276.jpg

命の重み、子供たちがどれだけ感じてくれているのかわかりませんが、その重さに気づいてほしいと父は感じるのです。
まぁそれにしても小学校3年生の長男よりも、幼稚園の次男の方が魚の捌き方は上手でした。
がんばれーーーちょうなん!

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ