建具職人

打ち合わせがあり、建具職人の作業場へ行ってきました。
今回はステンドグラスの枠の作成依頼です。
写真は建具職人の作業場の壁です。

ブラブラとぶら下がっているのはノコギリ、物差し。
建具職人の刃物(ノコギリやカンナ)は良く切れます。
建具職人の作成するものは装飾的なものが多いため、
切れる刃物で美しく仕上げなければならないことがひとつ。
それから、節の少ない木材を加工することが多いので、
刃こぼれが少ないというのが二つ目の理由。
そうは言っても鈍ってしまうのが刃物です。
常に切れる状態を保つために、
目立てや研ぎ工程など、手入れにはとても気を使います。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ