ガラス切


写真はガラスを切る道具。
先に小さなダイアモンドが付いています。
子供のころ、テレビを見ていると、
泥棒が窓ガラスに丸くガラス切りで線を入れて
それを軽く叩くと穴が開くのを見ましたが、
あんなに簡単に丸くは穴は開けられません。



こんな感じでガラスに浅い溝をつけて
その溝で割っていきます。
ちなみに写真は午後7時ごろ。
ガラス入れの作業は仕上げ工程の最後。
いつも最後にアタフタしながらの作業です。
別な職人さんから
「泊まってくか?」
なんて茶化されたりして。
でも無事にその日のうちに作業が終わりました。
本当に職人さんの仕事には助けられます。お疲れ様です。

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ