幣束(へいそく)

20150922er6873513

地鎮祭や神事で見かけるこの白い紙、名前を「幣束(へいそく」と言います。

へい‐そく【幣束】

1 神に供えるささげもの。幣帛(へいはく)。ぬさ。みてぐら。にぎて。
2 裂いた麻やたたんで切った紙を細長い木に挟んだもの。祓(はらい)のときに用いる。御幣(ごへい)。

デジタル大辞泉

和紙で簡単に作ることができます。
モリハウジングでは鏡餅の下に付ける幣束は自分で作っています。
簡単に雰囲気がでるアイテムですのでぜひ挑戦してみてください。

今日はこれから日立市内の注文住宅の現場で上棟式。盛り上がるぞーー!

サブコンテンツ

過去の投稿

お問い合わせ・資料請求無料!お気軽にご連絡ください。

TEL 0120-3030-65
営業時間:8:00~17:00(年末年始・祝日除く)

このページの先頭へ