「モリハウジングの家作り」の記事一覧

自然素材の家とは?

茨城県ひたちなか市に建築中のモリハウジングのショールームのオープンが決まりました。
2月9日金曜日にオープンです!ぜひ、遊びに来てください!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

先日は日立市川尻町においての見学会、たくさんのご来場ありがとうございました。

タイミングよくお電話を頂戴したお客様もあり、
結果的に満員御礼でした。
スタッフに余裕をもって予約をお請けしていたのですが、
不手際も多く、ご迷惑もお掛けしてしまいましたーー。

たくさんの方からお褒めいただける住宅となり、
施主様もそうですが、私たちもとても嬉しく感じております。

私たちは「自然素材の家」しか作っていません。
この「自然素材の家」って住まいづくりではよく聞きますよね。

では、「自然素材の家」って何?

多くの場合、住宅用の部材があり、販売しています。
例えばそれは塗料だったり、木材だったり、フェイク材であったり。
その中には自然素材系のものもあり、ほとんどの場合が住宅用にチューニングしてあります。

使い方が簡単なものもあれば、使い方が難しいものもある。
トラブルになりそうなものもあれば、そうでないものもある。



なぜか?



実は自然素材というのはとても扱いが難しいものなのです。
季節によって伸縮もあれば、勝手に変形してしまうものもある。
木は腐ってしまったり、反ったりしてしまいます。
塗り壁材は割れてしまったり欠けてしまったり。

自然素材というのはとても扱いが難しいものなのです。

だから、「自然素材の家」を作ることはとても難しいのです。

ところが!

ここに原油から作られたプラスチック(=樹脂)を混入する事で
めちゃめちゃめちゃ使いやすい部材に変えることができます。
自然素材の良いところ(調湿効果や経年変化の美しさ)は犠牲になりますが
とっても使いやすく、トラブルになりにくい部材に変身してしまうのです。

私たちは樹脂の入っていない、本物の自然素材の家を作っています。
トラブルになることもありますし、工事が期間通りに終わらない事もある。
思ったようにいかなくてやり直すこともありますが、でもこれが良いのです。

一番は経年変化の美しさ。

古くても素敵な住宅は少なくないもの。
その多くが自然素材を使った住宅だということをご存知ですか?
樹脂素材の家は退色や劣化による硬化・破損など、経年劣化をしていきます。

家族と共に成長する住宅はとても美しいものだと感じるでしょう。
そんな家を私たちは作っているのです。

+

重ねて書きますが自然素材はとても扱いが難しいもの。

全棟で自然素材を採用している私たちはつくずくそう感じます。
一棟一棟で仕様も素材も違う住宅を作るなんて無理だと思いますが・・・。

明日から完成見学会です~

茨城県日立市川尻町では明日から見学会を開催します。
まだ未完成の部分もありますが、カッコよく仕上がりましたよ~。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

モリハウジングは見学会の前日にスタッフだけの見学会を開催しています。

細かい部分の納め方だったり細かいデザインだったり、
少しずつ少しずつブラッシュアップをしています。
このスタッフ見学会があるからこそ、モリハウジングの家は良いのです。

住まいづくりで「担当者」は選べても「職人」は選べません。
「職人」が違っても同じレベルの仕事ができるかどうかは
図面やスタッフの意識で大きく変わってきます。

スタッフの意識は住宅が完成する度に行う、
スタッフの見学会で大きく変わってくるんですね。

毎回行うのは忘れてしまわないよう、モチベーションが下がらないように。
こういった気持ちで住宅作りをする会社です。

設計のスタッフから現場のスタッフまで、全員が参加だからこそ
意識の部分まで高められるんだと思います。
みんな忙しい時間を縫って合わせてくれています。
時間を大切に、意識を高めていきたいです!!

デザインはルールづくり

茨城県北茨城市でご依頼の注文住宅も木工事中。
家具の制作も始まり、いよいよ住宅らしくなってきました。

+

この世に「デザイン」という言葉がありますが、
そのデザインの本質を知っている人は少ないと思います。

僕がデザインを語るのもおかしいとは思いますが、
モリハウジングで考えるデザインについてはこんな感じです。

現場の職人さんや現場を管理するディレクタースタッフにはよく言いますが、
デザインを「感性」ととらえてしまうと掴みどころがなく難しいのです。
「感性」ではなく、「ルール」と考えると比較的わかりやすいかもしれません。

モリハウジングの家づくりの基本がシンプルです。
色をあまり使わないのはルールです。
私たちは白と黒と茶色が基本、それ以外の色はあまり使いません。
別な色を使う場合はとても慎重に、部分的に使用するようにしています。

部材も出来る限りシンプルになるように考えています。
作り手(職人)は時間の効率も考えています。
このため、どこかに部材の逃げを作り、それを装飾でごまかします。
文章ではわかりにくいのですが、窓の枠が二重になっているか三重になっているかということ。
シンプルに一重の方が逃げになりくく、技術が必要です。
ただ、時間がかかりますので、ルールとして決めることが大切です。

モリハウジングの家には各所にこのようなルールがあるのですが、
このルールを決めることがデザインだと私は考えています。
ルールを決め、それを高め、さらに上を目指すこと。
モリハウジングの考えるルールです。

2018年も頑張ります!

茨城県常陸太田市でご依頼の注文住宅は上棟工事へ!
いよいよ形になっていきます!頑張ります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

お正月はたっぷりとお休みを頂戴しました。ありがとうございました。

森は雪山へ家族で行ってきましたーー。
大雪で、駐車場に停めた車が帰る時には大福みたいになっていました!!
雪はふわふわで最高!でしたが、寒さに家内と子供たちはギブアップ気味でした。

皆様お正月はいかがお過ごしになりましたでしょうか。
西暦2018年、平成30年はモリハウジングの40周年となります。

今年はひたちなかにショールームも開設し、
未経験のワクワクに興奮気味ですが、
快適で住みやすい住まいづくりに今年も真剣に取り組みます!

経年変化

茨城県北茨城市でご依頼いただいた注文住宅は木工事中。
寒い風は吹きますが、しっかり断熱された室内は比較的暖かいです。

+

メーカーさんや取引先の方から新しいカレンダーを頂戴する季節です。
趣向を凝らしたカレンダーをお持ちくださるのですが、一つだけ紹介します。

写真のカレンダーは木製のもの。毎年、このタイプのカレンダーを頂いています。
というわけで、2017年と2018年のカレンダーを並べてみました・・・。

だいぶ色が変わっていますよね。
室内においてあったのですが、この色の変わり方!
これが木の経年変化、私たちは経年美化と呼んでいます。

自然素材は経年でどんどん味わいが深くなっていきます。
ビニールやプラスチック素材はどんどん劣化していきます。
劣化する部材の使用を避け、美化する素材を採用するのが私達の住まいづくり。
施工は面倒で大変ですが、経年美化する家づくりを来年も頑張ります!

サブコンテンツ

過去の投稿

このページの先頭へ