「モリハウジングの家作り」の記事一覧

ダウンライトをつける理由

モリハウジングの住宅にはダウンライトが多く使われています。

「デザイン」はもちろん理由のひとつですが、
ダウンライトを照明器具のメインとして採用したのには
実は別の理由があります。

+

最初、ダウンライトを提案していた理由はLEDへの対応のため。

LED照明器具が住宅用の照明器具として販売されはじまった当時は
価格が高く、全部の主照明としては提案しにくいものでした。

(当時の)LEDのメリットは以下の通り。

  1. 消費電力が少ない
  2. 切れにくい(40,000時間)
  3. ハイテク感がある

消費電力の低さによるメリットは大きいのですが、
電力費として「元を取る」のは難しいと考えられていました。

白熱灯(ニクロム線) > 蛍光灯 > LED

+

モリハウジングがダウンライトを使用し始めたのは2009年ごろから。
2009年当時の状況を振り返ってみたいと思います。

モリハウジングでは白熱灯は当時から使用を控えていましたので、
ほぼすべての住宅において蛍光灯を採用してました。
当時、パナソニックが白熱灯を減産していくといった方針を出しました。
私たちも白熱灯のよりも電力消費を抑えられる蛍光灯を推奨していましたので、
当然、標準仕様は蛍光灯でした。

ここでダウンライトです。

ねじ込み式の電球型蛍光灯タイプのダウンライトは
当時から低コストで入手可能でした。
当時、ねじ込み式の電球型LED照明器具も販売されており、
電球型蛍光灯と電球型LEDは互換性を持っていたのです。

ここから私たちは将来的にLEDに交換できる、
ねじ込み式の電球型蛍光灯を用いたダウンライトを標準仕様にしました。

実はここからさかのぼること10年前は同様に電球型蛍光灯が高額でした。
10年ほどの時間をかけて価格はおよそ4分の1程度まで下がったのです。
当時は高額だった電球型LED照明器具も将来的には安くなると
考えられていましたし、確信していました。

そんなこんなでねじ込み式蛍光灯型ダウンライトを
標準仕様としたのが2009年の事です。

+

5年後にはねじ込み式電球型LEDランプは数百円にまで価格が下がり、
そのランプを組み込んだダウンライトも安価になりました。

オーナー様には電球型蛍光灯が切れたら電球型LEDをおすすめし、
新築のお客様には最初から電球型LEDランプが組み込まれた
ダウンライトを提案するようになってきています。

+

見学会などをご覧いただいているお客様からすれば
2009年頃の住宅も、現在の住宅も同じようにダウンライトなので、
まったく違和感はないと思いますが、実はだいぶ違っています。

モリハウジングは標準仕様で「電球色」のLEDを付けています。
この「電球色」の色合いもこの数年でだいぶ電球に近づき、
とても温かみのある雰囲気を出せるようになってきましたし、
以前は高額だった調光機能もだいぶ提案できる金額になってきたように感じます。

交換の時の手間、購入の時の手間、処分の時の手間を考えると
やっぱり電球型LEDの採用が良いように感じます。
ダウンライトはデザインもありますが、
実はこんな理由があるということを動画にしています。
お時間があればご覧ください。

 

気密と換気

気密は家の壁や天井にある隙間の事です。
「気密が高い」というのは家に隙間がないこと。
これを「窒息住宅」などと表現する設計士がいたりしますが、
世界的に気密の高い住宅はスタンダードになっています。


なぜ、気密が高い方が良いのかと言うと隙間風がないから。

そしてもう一つの理由が「換気が効率よくなるから」です。

+

気密が高い家は「窒息住宅」なんて言う設計士の多くが
住宅の換気をなおざりにします。

「日本の住宅は隙間がたくさんあるから良い。換気など必要ない」

本当にそうでしょうか?

+

“隙間がたくさんある家”と言いつつ、隙間の少ないアルミサッシを使う。
ビニールクロスをゴムで隙間を埋めながら施工する、
コーキングというゴムをあちこちに詰めて隙間を埋める、
玄関ドアだけでなく、室内の間仕切りドアにもゴムパッキンを付ける・・・。

実は現代の住宅においては“隙間がたくさんある家”はありえません。

「中気密」なんて根拠も定義もない言葉が独り歩きしていますからね。

+

隙間があろうとなかろうと換気装置がなければ健康被害が出る。

ということが分ってきたからこそ、建築基準法で換気を義務化しています。
建築基準法は「命を守る」住宅の法律です。
例えば大きな地震でも命を守れるような構造にしなければなりません。

その建築基準法で換気が義務付けられるわけですから、
(正確にはC値=15cm2/m2以上の住宅は換気装置を付けなくても良い)
換気装置は命を守るために必要な装置であると言えます。

この換気装置が空気を効率的に入れ替えるために必要なのが気密というわけです。

詳しくは動画でも説明していますが、ストローです。

穴だらけのストロー(気密の低い住宅)ではいくら吸っても
ジュースを吸い上げることはできませんよね。
ジュースを吸い上げるためには穴のない(当たり前ですが)ストロー
が必須ということぐらいは誰にでもわかります。

気密を高めた住宅が換気効率を高められます。

そんな内容を動画にしましたので良ければ見てください。

 

気密について

高気密高断熱という言葉、聞いたことありませんか?
これを解説しようと思うとかなりボリュームが出てしまいます。
今回は「高気密」に絞ってご説明いたします。

+

このご時世であっても「高気密住宅は窒息する」なんて言葉を聞きます。

ま、、まさか。

高気密住宅を「悪」と考える同業者がいるのには驚きます。
実は現代の住宅はそこそこ気密が高いのですが、
その、そこそこ気密が高い住宅を「中気密」と名付けて
「中気密こそが素晴らしい」と褒めたたえています。

中気密住宅には定義はありません。
気密の処理をせずに作った住宅が「中気密」で良いと。
気密の定義もなく、測定もせず、でも「中気密」ですと。

ちなみに高気密住宅にはきちんとした定義があります。

C値(気密値)=5.0cm2/m2

国交省では床面積1平方メートル当たり5.0平方センチメートル以下の隙間を
高気密住宅と定義づけています(北海道を除く)。

これよりも小さい隙間の住宅が高気密住宅。

ちなみにモリハウジングは最低でも

C値=0.5cm2/m2以下

最近はC値=0.2cm2/m2程度と、かなり精度の高い住宅を作っています。
国交省基準の 4%以下の隙間しかない「超」高気密住宅です。
しかしながら、国交省基準の気密C値=5.0cm2/m2ではダメです。

+

高気密住宅を「窒息住宅」と言う人たちがいます。

中気密住宅や低気密住宅は自然に換気されるので窒息しないそう。
本当にそうでしょうか?と、疑問に思います。
隙間が空いていれば中は換気されるのでしょうか?
具体的にはどの程度の隙間であれば換気され、
どの程度の隙間であれば窒息するのでしょうか?
そういった数値的なエビデンスはどこにも書いてありません。

なぜなら嘘だからです。

中気密住宅が換気されるというのは根拠がありません。
ま、中気密に定義がありませんからね、根拠もないでしょう。
他工法の事を悪く言うつもりは毛頭ありませんが、
ただ、根拠も検査もしていない「中気密」とやらに
窒息するといったイメージを押し付けられるのは我慢できません。

現代の住宅はゴムパッキンを使ったアルミサッシを多用し、
壁の隙間をゴムパッキンで埋めて、防湿フィルムというラッピングを
施しており、実は適度に気密が高い状態となっています。

これが換気をされているかどうかを計測しているわけではありませんし、
きちんと換気ができているとすれば、室内の空気は2時間程度で入れ替わる、
つまり外気が2時間に1度は室内に大量に入るので暖房の効果は下がります。
(基準値として2時間で1度、室内の換気が必要とされています)

そうなると家の中は外と変わらないような環境になりますから、
窒息しなかったとしても低温により体調を崩してしまったり、
寒さにより血管や心臓に負担がかかってしまったりします。

—こういった内容はまた別の機会に書きますね—

実は中気密と言っている住宅のほとんどが適度に気密が高いです。
適度に気密が高いというのが問題で、不快の原因となります。
何事も中途半端が一番よくないのですね。

掃除機の隙間ノズル効果と呼んでいます。

掃除機は1分間に吸い込む空気の量は一定ですが、
吸い込み口に隙間ノズルを装着すると空気の速度が高まります。
これと一緒で中途半端な隙間こそ、速い速度で隙間風が吹きます。
これが寒く、不快に感じられるのですね。

だからこそ、中気密にするぐらいなら、超高気密が良いというわけです。

+

詳しくは動画にまとめましたのでご覧ください(3分32秒)

地鎮祭について|日立市で注文住宅ならモリハウジング

住宅を建てる時に行われる、地鎮祭って何?
そんな疑問ってお持ちではないでしょうか?

+

日本はでは八百万の神(やおよろずのかみ)と、すべてのものに
神がいると信じられてきています。

大きな木は「ご神木」と呼びますし、井戸を埋める時はお祓いし、
調理場には火の神様への礼拝をおこないます。

何にでも神様がいると信じられる日本ならではの儀式が「地鎮祭」です。

私の知る限りでは日本の「神様」以外に地鎮祭はないと思います。
地面の神様に、これから住宅を建てますとご挨拶を行うのです。
日本人らしく、とても素敵な儀式だと思いませんか?

地鎮祭は神式で行われることが多く、神主が祈祷します。
海のものや山のものを捧げ、榊を捧げて行います。

式自体は20分~30分ですが、地域や神主さんによって異なります。
建築予定地が更地になってから行い、1.8mの四方に竹を差し、
荒縄(あらなわ)を巡らせ、ご幣束(へいそく)を下げます。

通常は竹や荒縄の設置は神主さんが行ってくれますが、
施主が行う地域や神社もありますので、事前によく確認をしてください。
準備するものも、最近は神社側でほとんどを揃えてくれるので、
施主はお酒とお金を準備すればよい場合が多いです。

+

神社によって大きく異なるので、神社か工務店に確認をします。
開催当日になって不足品があると中止になってしまう事もありますので、
必ず事前に確認をしておくようにしてください。

+

モリハウジングで依頼している神社はすべて準備をしてくれます。
当社のお客様に関してはすべてアテンドしますのでご安心してください。

詳しくは動画にまとめましたのでご覧ください(3分47秒)

高気密高断熱住宅が乾燥する理由

1月29日 6:23 日立市の温度と湿度(私の通勤途中に計測しました)

高気密高断熱住宅が乾燥すると言われます。

なぜ乾燥するのか?その理由を今日は書いてみます。

写真は今朝(2019.1.29)の気温です。

計測に使用した「タグツール」 出典:無印良品

ちなみに電車通勤の私は無印良品の「タグツール」という
温度計をリュックに括り付けています。

ウインタースポーツも好きなので、ゲレンデにも持っていきます。
説明書には(0℃~+40℃(精度±2℃))とあるのですが、
今のところ-5℃までは計測できることをゲレンデにて確認しています。

+

本題に戻ります。

今朝(2019.1.29)の気温が1.8℃湿度44%(ちょっとブレていますが)です。

私のスマホには温度と湿度を計算するアプリが入っていますので、
それで現在の温度と湿度を計算してみます。

 

iPhoneアプリ「空気の計算機」

気温と湿度を入力して「絶対湿度」を計測します。

これは、空気中に含まれる水分量の事。
これをきちんと計測しなければなりません。

すると、今日の外気に含まれる水分量は1.89g/kgとなります。
(1kgの空気の中に含まれる水蒸気重量)

+

住宅には換気装置がついています。
もしくは時々窓を開けて換気をします。
まったく換気をしないというのなら、家の隙間から空気が循環します。

1.8℃44%の空気が室内にどんどんと導入されてくるのですね。

この1.8℃44%の空気が室内に入るとどうなるでしょうか?

一般の住宅でファンヒーターやエアコンをまわしていると、
室温は15℃程度になりますかね?

 


iPhoneアプリ「空気の計算機」

44%の湿度は正確には「相対湿度」と呼びます。
相対というのは温度に対しての相対ですので、温度が変われば数値も変わる。

室温が15℃の室内に1.89g/kgの水蒸気が入ると、
相対湿度は20%になります。

冬は乾燥して唇が割れたり、手の甲がひび割れするのはこうした理由です。
44%という湿度は、30℃の夏と1.8℃の冬では含まれる水蒸気量がまったく違うのです。

 


iPhoneアプリ「空気の計算機」

同じ44%の湿度です

30℃ 11.68g/kg

1.8℃ 1.89g/kg

夏は冬の6倍の水蒸気が空気に含まれています。
夏の湿度は44%以上になることの方が多いですよね。
つまり、夏は唇は乾燥しにくいですし、手の甲も割れにくいのです。

 


iPhoneアプリ「空気の計算機」

こちらは25℃の場合。

相対湿度は10%です。
15℃の室内よりもずっと乾燥していることがわかりますね。

温度 相対湿度 絶対湿度
1.8℃ 44% 1.89g/kg
15℃ 20% 1.89g/kg
25℃ 10% 1.89g/kg

まとるとこのようになります。

同じ水蒸気量でも温度によって相対湿度が変化することがわかります。
高気密高断熱住宅が「暖かい」から、相対湿度が下がるということです。
寒くて湿度が高い住宅と、暖かくて湿度が低い住宅。
私なら暖かい方を選ぶかな~なんて思います。

ちなみに、この室内の水蒸気量を意識すると換気装置を選ぶようになります。
また、住宅の気密もとても大切なことがわかるのです。
今後はこういった換気や気密についてもまとめてみようと思います。

最後になりますが、室内には人間がいます。
吐く息に含まれる水蒸気、お風呂の水蒸気、お料理の水蒸気と、
色々なところから発生される水蒸気があります。
これら住宅の中で発生される水蒸気を上手に使って
室内の湿度調整をすることはどんな住宅でも大切なことです。

湿度と温度、快適なゾーンは生活しながら作るもの。
私たちモリハウジングは済み方のアドバイスもしています。

サブコンテンツ

過去の投稿

  電 話  お問合せ