「カメラ」の記事一覧

楽しい写真ライフ

20160308er4324359425849812937

茨城県日立市助川町の注文住宅は仕上げ工事中。
どんどん仕上がっていく様子に感動します。

+

私の趣味は写真です。

高校時代から写真が好きだったのですが、縁がなく、
子供ができたのを機にデジタル一眼レフを購入、
当時はまだ高価だったEOSKISS(初代)でした。

写真を撮り始めると風景の美しさに気づきます。
こんな景色に水面のキラキラに感動し、
公園の鉄棒のまっすぐに伸びた線に感心し、
青空と雲のコントラストに癒されたりします。

大切なことは感性とほんの少しの技術。
レンズやボディも大切ですが、それはほんの少し。
風景を美しいと感じられることが大切です。

+

ほんの少しの技術として大切なのが水平。

カメラが左右に傾いている写真はダメです。
大きく傾けた、意図して傾けた写真はまだ「あり」ですが、
数度、あるいはコンマ数度の傾きがもっともダメです。
これだけでずいぶん多くの写真が損をしています。
スマホでもデジカメでも画面の水平線などを表示して
そこに合わせて撮影すると良いと思います。

そしてもうひとつ。

このブログを見ている世代には、お子様の写真を撮る方が
多いと思います。

お子様の写真、顔のアップを撮りたくなるのが常ですが、
ズームをちょっとワイド側にして、
周辺も入るように撮ると記念になります。
顔のアップばかりだと、見た時に「これどこ行ったんだっけ?」
なんて事になってしまいますからね。

GPS機能のあるカメラも増えていますが、
周辺の雰囲気、天気、服装がわかる写真を意識すると、
たぶん、今までの写真とはずいぶんと違った写真になるはずです。

ちなみに写真に「うまい」「下手」はありません。
その写真を好きな人が多い写真を「うまい」と呼び
その写真を嫌いな人が多い写真を「下手」と呼ぶのであって、
写真の評価が「うまい」「下手」という指標なので、
写真に「うまい」「下手」はないのです。

アイドル歌手と同じで、みんな美人なのですが、
人気の有無で「美人」と呼ばれたり「かわいい」
と呼ばれたり、「ブス」とよばれてしまいます。
でも、みなさんとっても美人ですよね。

写真ライフ、物事の見方が変わります。
携帯でもコンパクトデジカメでも、写真は人生を変えますよ!

NEW!LENZ

年末に新しいレンズを買っちゃいました。
魚眼レンズです。
IMG_6729.jpg
ファッションクルーズ二階のフードコートにて
実際にはまっすぐなはずの柱がゆがんでいますよね。
魚眼レンズの特徴として、真直ぐなものがゆがみます。
で、ひろーーーい範囲がフレームに収まります。
記念写真を撮ろうとして、二歩三歩後ろに下がることがありますよね。
魚眼レンズはほとんどの場合、撮ろうと思ったものがフレームに入ってしまいます。
例えばお子様のカワイイ写真を撮ろうとしたとき、後ろに下がるには子供から離れなければなりません。
でも、そこが車が走る道路だったら?
階段の途中で、お子様の手を離すのが危なかったら?
補助輪を外したばかりの自転車に乗っているときだったら?
魚眼レンズならお子様の手を握ったままでも撮影可能です。
IMG_6825.jpg
この写真は息子と手をつないだまま撮っています。
手をつないだまま全身が撮れるのがこのレンズの特徴です。
魚眼レンズはクセのあるレンズです。
使い方を覚えれば幅の広がるレンズですので、写真撮影に幅を持たせたい方にはおすすめですよ!
+
「みんなのいえ!」住宅構造住宅見学会
1月19日(土) 13:30~16:00

常陸太田市内田町

大きな地図で見る

お手入れ

昨日は運動会でした。。。
今日は朝のうちに頑張ってくれたカメラのお手入れ。

レンズやボディについた埃を払い、磨き上げます。
実は埃をとるのに適しているのは、シェービング用のブラシ。
100円ショップで10年前に購入したブラシを今も愛用しています。

カメラボディはダイヤルやらスイッチがたくさんあるので、その窪みの埃をなかなか取りにくいのですが、このブラシは毛先に適度な硬さがあるのが良いんです。
ピカピカに磨いて防湿庫へ。。。
無精者の私ですが、カメラの手入れはちゃんとしていますよ。

新しいレンズ!

梅雨明けをしましたが、アジサイがきれいですねー。
IMG_3389.jpg
新しいレンズで撮影しています。
今日は久しぶりにカメラの事です。
新しいレンズは50mmの焦点距離で、F1.4という光をたくさん取り込めるレンズです。
光をたくさん取り込めるレンズを使うと背景がぼけやすくなります。
住宅の写真を撮るためには背景はボケずにすべてがしっかりと映らなくてはなりません。
なので、F8とかF10まで絞って撮っています。
住宅の撮影をするためには室内が広く映るレンズの必要があります。
でないと室内すべてを撮れませんからね。
だから、室内を撮るレンズは16mmという焦点距離になります。
例えばコンパクトカメラを購入する時ですが、住宅展示場や水回りのショールームの記録を撮りたいとするなら、できるだけ焦点距離の小さいレンズを買ってください。
私が使っているコンパクトデジカメは24mm、コンパクトでは限界なんですよねー。
もうちょっと広く撮れると良いんですけれど・・・・・
+
「大きな屋根の家」完成住宅見学会
7月21日(土)22日(日) 10:00~

日立市水木町

大きな地図で見る

昨晩のとっても悲しい出来事

私のブログは記事と写真がセットになっています。
以前は一眼レフの写真ばかりだったのですが、
最近はiPhoneやコンパクトデジカメの写真がほとんどです。
理由が「SDカード」。
一眼レフのCFカードと比べると、SDカードは取り込みやすいんです。
iPadでブログの記事編集をする機会が多いので、
特にSDカードやiPhoneは重宝するんですね。
で、最近手に入れたのがこちら。
IMGP8372.jpg
SDカードを一眼レフで使えるようにするアダプターです。
安いものから高価なものまで幅広くあるのですが、
私が選んだのは高価だけれど高評価のものです。
で、仕事が休みだった昨日と一昨日はこのアダプターを使い、
一眼レフで写真をバリバリと撮影してきました。
+
昨晩、SDカードから写真を取り込むと、、、、、
ほとんどの写真が消えてなくなってしまっており。
2~3枚の写真以外はすべて消えてしまっていました。
明日から3日間のお休み、一眼レフはお休みになりそうです。。。。
+
住宅資金の勉強会を開催します。
日時:5月6日 午後1時半~4時半頃まで
場所:モリハウジングショールーム「アトリエ」
講師:川崎英明先生(AFP)
自己資金で建てる方もローンで建てる方も必聴!
あなたの住宅資金計画、本当に間違いないですか?

+
ゴールデンウィークはモリハウジングへ!
5月1日 午後1時半頃~ 無料相談会オープンオフィス
■住宅資金■土地の選び方■建物の性能とは
みなさんの疑問に幅広くスタッフがお答えします。
5月2日 午後1時半頃~ 木工教室ナチュリア
かわいい木製の壁掛け棚を制作していただきます。
5月6日 午後1時半~ 住宅資金の勉強会
100万円得する勉強会。住宅資金計画に自信ありますか?

サブコンテンツ

過去の投稿

  電 話  お問合せ