「コンピュータ」の記事一覧

モリハウジングなコンピュータの使い方 3

2016-06-10-08.55

茨城県ひたちなか市のオーナー様からリフォームのご依頼!
新築だけではなく、リフォームも頑張ります!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

モリハウジングではパソコンを仮想化して使っています。

仮想化?というのは、わかりやすく言えばパソコンの中身を
クラウド上に置いておいて、それを別なコンピュータから使う方法です。

クラウド上にあるパソコンの中身は、ノートパソコンからでも、
デスクトップパソコンからでも、自宅のパソコンからでも、
もちろん会社のパソコンからでも、iPadからでも、スマホからでも
いつでもどこでも操作することができます。

仮想化することで打合せしているお客様の前で
会社のパソコンに入っているデータを引き出すことができます。

また、社内で数人で打合せしているデスク上で誰かのパソコンを
開いてデータを確認する事ができます。

ノートパソコンは持ち運びが便利ですが画面が小さい。
仮想化してあればノートでも大画面でも同じ作業をすることができます。

また、仮想化してあればパソコンの入れ替えも
個人のパソコンは低スペックで用が足りますし、
サーバパソコンもちょっとだけ高性能が必要になりますが、
台数は数人分を1台で賄えますから必要台数は減ります。

仮想化しておけばパソコンの中身は空っぽですから、
誰かにパソコンを盗まれたり、紛失したとしても
データやアプリケーションの環境などは安心です。

でも、実は仮想化に関してはインターネットにもほとんど情報がなく、
まったくわからない中で手さぐりで環境を作りました。

で、いくつかの関門があったので忘備録として書いておきます。

仮想化で利用したアプリケーションがVmwareのアプリ。
Vmware ESXiです。

こちらはサーバコンピュータのスペックによってはまったく動かない!
という事もあるようなので慎重に購入しました。
こちらは無償のソフトなのですが、インストールが難しく、
Esxiのインストールも購入時にショップにお願いしました。
Esxiの操作は本体ではなく、リモートで行います。

インターフェイス自体はわかりやすく、日本語なので、
仮想デスクトップの作成も順調にできました。

とまどったのがインストールメディアです。
最初USBにisoデータを入れて刺したのですが読み取らず。
クライアントコンピュータからアップロードする方式に
気づくまでかなりの時間を要しました・・・。

普通はベンダーというプロの皆様にお願いする作業のようですが、
工務店のスタッフは素人なんですね~。

これさえできればあとは普通にOSやアプリを台数分インストールして、
プリンタなどのドライバをインストールした上で
ウインドウズサーバーのコネクターを当てれば完了。

仮想化前にだいぶ悩みましたがやってみればあっという間でした。

ちなみに迷いに迷った環境ですが、CPUはXeon、
メモリは16ギガ、ハードディスクはレイド5で4本で構成しました。
速度の測定はこれからですが、現在4台のコンピューターが走っていますが
今までの環境、SSDのパソコンと体感はほとんど変わらず。
快適に動いてくれています。

近いうちに速度計測の結果なども書いていきますね。

モリハウジングなコンピュータの使い方2

20160611u873543

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

モリハウジングではデータを共有しています。
スタッフは個人でデータをほとんど持たず、サーバに置いています。

このデータを管理するのが「WindowsServer2012Essensial」

最初は一般的なNASを使っていました。
ちなみにNASとはこんな機器です。

NAS(NetworkAreaServer)

1万円台からあり、速度も速いし扱いも簡単!
モリハウジングも最初はこれを使用していました。

2年ほど前にこちらを購入しました。

NOWing Server

サーバーもNASも以下の写真のようにシームレスに共有データを利用できます。

20160611e8431354
クリックして拡大

データの共有に加え、「WindowsServer2012Essensial」では、
そこにつながっているコンピュータ(モリハウジングの場合はスタッフが
使っているコンピュータ、クライアントコンピュータとも言います)の
バックアップを自動的にとってくれるという機能。

さらに、共有フォルダも自動的にバックアップをとってくれています。
お客様のデータや図面データなど、大きな財産となっていますから、
出来る限りの何重にもわたるバックアップはとるのですが、
「WindowsServer2012Essensial」はそのうちの一つのバックアップをしてくれます。

古い鉄筋コンクリートのビルを改装して使っている事務所、
LANケーブルもあっちへこっちへと這っています。
ハブやケーブルなどの接続でボトルネックを作らなければ
ローカルディスクに引けをとらない速度で使えます。

でも最初の設定はとにかく大変。
ポートに穴を開けるのも苦労をしましたが、
VPNという機能を使えば社外で、iPadやスマホ、
もちろんノートパソコンでもインターネット環境さえあれば
社内のネットワークに接続して、リモートで端末を扱ったり、
共有フォルダのデータを引き出したりすることができます。

+

コンピュータ歴は、私が20歳の頃から使いだしたので25年目。
インターネットに接続しないで利用する、スタンドアローンから始まり、
ネットワークにつなぎ、常時接続になり、Wi-Fiが出てきました。

そんな中でコンピュータとの向い合い方が25年前と同じわけがないのですが、
まだまだ一台のコンピュータの中ですべて完結する、パソコン的な使い方が一般的です。
あと10年もすれば、端末を選ばずに自分自身のコンピュータ環境を作れる
シンクライアントが一般的になるはずです。

長くなるのでまた今度。

え?誰も読んでいない?

いいんです(笑)。10年後に自分が読むために書いているんですからね!

スタッフの休みとシフト制とコンピュータと。

2016-01-09 14.07.02

茨城県東海村の現場、昨日は現場確認と打ち合わせをしてきました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

お正月休みでリフレッシュしたスタッフ一同、
打合せも現場もフルスロットルです!

会社を経営していての悩みが「休み」。
平日は現場が動いているので忙しいし、
休日は打ち合わせがあるから休めない。

でも、スタッフの休みは絶対に必要です。

最近は多くの住宅会社が休日を火曜日や水曜日、
木曜日と言った平日に設定することが増えています。
土日の打合せがあるから当然の流れかもしれません。

でも、家づくりのスタッフこそ、家族とすごす時間が必要だと思います。

特に注文住宅における「経験」とは、家族と過ごす時間。
家族と共に過ごす時間が多ければ「動線」だったり
「清掃性」だったり、家具の使いやすさだったり、
そういった日常を見る目が養われます。

家族を犠牲にして仕事をしていくことは
「家族経験不足」という事態になってしまい、
的確なアドバイスができない、というわけです。

というわけでモリハウジングはシフト制をとっています。

スタッフがバラバラと休むので、わかりやすいように
年間シフトを作成し、月間スケジュールと週間スケジュールを
毎週作成して配布して共有しています。
また、クラウドにて共有し、各自のデバイスで見られるように。
さらには行動予定表を配置して、スタッフの外出先、
戻り時間がわかるようにして・・・・・。

クラウドの技術やタブレット、スマホなどのデバイス、
コンピューターソフトの柔軟な組み合わせで
もっとスタッフが快適に仕事できるようになると思います。

新しいテクノロジーは柔軟に取り入れて
スタッフが気持ちよく仕事ができる会社になるよう
今年も頑張ります!

Facebook連携をはじました。

Google+ページとWordPressを連携させる[Jetpack]

を参考に、Facebook、google+と連携を開始しました。
ひとまず報告とテストです。

 

kotori]

ウエブサイト、ひとまずアップ完了しました。

お盆期間中は職人さんが休み、お客様からの問合せも少ないので
ちょっとだけ時間がとれる!と、サイトのリニューアル。

以前から必要性を感じていた、モバイル対応にしました。
現状のサイトからモバイル対応テンプレートに移植しただけなのですが、
写真のサイズだったり、レイアウトだったりを修正するのは
実はかなり大変な作業で時間がかかりました・・・。

というわけで、お休みもあったのですが、
自宅でもパソコングリグリやっておりました。

自宅はノートなのでトラックパッド使いすぎて手首が痛いです。

本ブログの引越しに始まる、モリハウジングウエブサイトモバイル計画は無事に第一段階を終えました。
とりあえずPCで見る分には(細かい部分は別として)なんとかまとまったかな。
これからスマホ閲覧がしやすいようにカスタマイズしていく予定です。

慣れない作業なので本ブログの記事、8月分は飛んでしまいました。
富士山もなにもかにもなくなってしまったのは・・・気にしない!


ウエブサイト作成業者さんもたくさんあるのですが、
やっぱりデザインと言葉は自分のものを使いたい。
そんな思いで不器用ながら一生懸命頑張っています。

サブコンテンツ

過去の投稿

  電 話  お問合せ