「家づくり必勝法」の記事一覧

やっかいな水筒もコレでスッキリ収納♪|LIMIA

いつも収納に困る「アレ」の上手な収納方法をLIMIAで紹介しています。

森の自宅にも水筒はたくさんあります。

中学2年生の男の子と小学校5年生の男の子。
2人ともスポーツをやっているので、水筒は必須。
また、最近は小学生も中学生も学校に水筒を持っていくんですね。
私たちの子供時代は学校の蛇口に口を付けて飲んでいたものでしたが・・・。

そんなことで、我が家も水筒は大小ゴロゴロ。
縦長で安定せずに、倒しておくと場所をとるしで、案外収納に困るんですよね。

そんな水筒収納難民に最適な記事を見つけてしまいましたよ!!


上の写真を見て、なーんだと思った方!

リンク先には収納場所だけではなく、あっと驚く工夫も書かれていますよ。
絶対に後悔はさせませんから、水筒の収納に困る方は必見です。

やっかいな水筒もコレでスッキリ収納 ♪

LIMIA

注文住宅だからこそライフスタイルを大切に

2015-10-19 17.32.50

おはようございます。茨城県日立市の現場では今週末上棟式!お餅投げをします!!

モリハウジングに新入社員がきてくれました(やっと・・)。
新入社員の林ですが、実は熱帯魚ファン。
というわけでモリハウジングのネオンテトラとグッピーの水槽をカスタマイズ。

自宅から持ってきた黒い砂ときれいな水草でググっとかっこよくなりました。

+

例えば水槽を置きたい。

例えば多肉を飾りたい。

家を建てたら○○したいことってありますよね。

そんな○○に答えられるのが注文住宅。
例えば読書好きな方が急に読書嫌いになることはありませんよね。
熱帯魚もそうだし、多肉もそうだと思うんです。

水槽の規模が大きくなったり小さくなったり、水草だけになったり。
多肉がアイビーになったりシュガーバインになったり。
そんな違いはあれど、ライフスタイルは大きく変わりません。

そんなライフスタイルに合わせることができるのが注文住宅。

だからこそ、モリハウジングはスタッフ自身のライフスタイルが大切だと思います。
サーフィンをやっているスタッフ、釣りが好きなスタッフ、スノーボードのスタッフ、雑貨が好きなスタッフ、ニワが大好きなスタッフ・・・。
自分自身のライフスタイルを通じて、お客様のライフスタイルにアドバイスができる。

私たちのお客様へのアプローチはいつもこんな感じです。

だからこそ、だからこそ、モリハウジングの打合せは楽しい!
少なくとも、モリハウジングのスタッフは楽しんでいます。
自分たちが楽しめなければお客様に楽しんでもらえませんからね。

自分たちのライフスタイルを思いっきり語っちゃってください。

寝るのが趣味!
ゴロゴロするのが好き
テレビを見ている
ボーっとしている

なんてのも立派なライフスタイルです。
サーフィンやキャンプといったものばかりがライフスタイルではない!

お客様のライフスタイルを大切にする。それがモリハウジングのスタイルです!!

今日はひたちなか市役所からスタート|土地の契約に大切なたったひとつの事

20151015E35435434

こんにちは。今日は茨城県ひたちなか市役所からスタートです。

お客様の土地の契約の立ち合い、今回の売主はひたちなか市です。

市役所や村役場など、行政所有の土地があります。
今回はそんな市有地を上手にお買い物です。

さて、土地の契約では二つの重要な書類に署名捺印をします。

一つ目が契約書、もう一つが重要事項説明書。

これら二つの内容は難しく、それらひとつひとつを丁寧に紐解いていきますから時間がかかり、そして退屈です。
難解な専門用語がつらつらと並びますからね。

そんな契約ですが、大切な事はひとつだけしかありません。

『そこに家が建てられるのか』

当たり前のようですが、これがそうでもないのです。

例えばこんな場合

基礎工事で掘削したら地下から不発弾が出てきた
大きな道路の計画に引っかかっていた
下水道も水道もなく、引いてくるには大きな費用が発生する
実は道路上の敷地だった
買い手が住宅ローンを借りられなかった

地下から不発弾が出てきたら「誰」が処分するのか?

家を建てる敷地として売買するのですが、案外後から出てくる問題も少なくないのです。
だからこそ、契約書や重要事項説明書でそれらの事をきちんと説明します。

「結局そこには家が建つのか?」

これを明確にする契約と重要事項説明書だと考えておいてください。

子供の成長

次男が6歳になりました。

なぜか裸?
来年になれば小学校です。
子供の成長はあっという間ですね。
ちょっと考えてみてください。
小学校に入って5年もするとひらがな・カタカナ・800余りの漢字(ちなみに小学校で常用漢字の半分以上を学びます)も覚えます。
足し算・引き算・掛け算・割り算・分数なども習得しますよね。
他にも集団生活を学んだり、歌や楽器、書道、狩り(虫を捕まえたり魚を捕ったり)、家事(ママゴトやお手伝い)を学びます。
たった5年で子供たちはとても多くのことを学びます
わたしはこの5年で何を学んだのだろう?
+
モリハウジングの家は良い意味で学んでいます。
でも、基本的なところはまったく変わっていないんですね。
それは震災前後でも原発が停止しても、日本の家がゼロエネルギー化しても変わりません。
真の部分は今後も変えずに、あなたのために「いい家」を作っていきますね!
+
休みは2日もすぎてしまいました。
ギックリ腰の家内と、実家にお泊りしてしまった息子たちのお陰で本を読んだり映画をみたり、ゆっくりと過ごす事ができました。
まだ仕事気分が抜けていません。。。。
モリハウジングは19日まで連休をいただいています。
20日より営業を再開します。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

山が涼しい理由

今日からお休み!というわけで自宅からの更新です。
+
実は今日は会社のバーベキューです。
バーベキュー前に子供達と一緒に川遊びをしようと思うのですが、川は気持ちいいですよねー。
今日は薄曇りで涼しいですが、特に暑い日は川遊びが1番!です。
なぜ川は涼しいのでしょうか?

もちろん、川の水が冷たいことが理由です。
川の水温は夏でもしびれるぐらい冷たいんです。
でも、川岸でも涼しいですよね。
川に入らずとも、涼しさは伝わってきます。
川の冷たさが伝わってくるんです。
ぼくたちの作る外断熱の家も同じです。
住宅の『壁』の熱を考慮すると、不思議なことが起こるんですよ。
室内に温度計を置いておくとわかるのですが、室温が同じでも暑く感じる部屋と快適だと感じる部屋があるんです。
それが壁の熱の効果です。
モリハウジングはそんな家づくりをしています。

サブコンテンツ

過去の投稿

  電 話  お問合せ