しっくいのよくある質問

よくある質問

■スイス漆喰の寿命って?

スイス漆喰は二酸化炭素を吸収し硬化する「再石灰化」によって元の石灰石へと還ります。
糊や接着剤で固まっている土壁とは違い、経年によって砂が落ち始めることがないのです。
しかし100年間メンテナンスが不要というわけでもありません。天然素材だけでできた漆喰
ですから簡単なメンテナンスさえちゃんとすれば、あなたの快適な暮らしを一生見守る壁になるかもしれません。
そんな漆喰を生かすために、ここからは大切に使い続けるための、誰でも簡単に出来る
メンテナンスを紹介します。

部分的に汚れたら?

照明のスイッチ周りなどの手垢の汚れは、消しゴムで簡単に落ちます。油やマジックなどの
消しゴムでは落ちない汚れは#400番程度のサンドペーパーで軽く磨いてみてください。※水を含んだ布などで拭くと、汚れが水に溶けて漆喰壁の奥に入っていきますので避けてください。

汚れた時はどうするの?全体的に汚れてきたら?

スイス漆喰は天然100%ですから静電気を起こしません。空気中のちりや排気ガスが
静電気で集まって、汚れやすい塩ビクロスとはずいぶん違います。でも、やっぱり年月とと主に
全体的に経年変化をしていきますので、塗りたての頃に戻したいなと持ったら、専用の
漆喰塗料をローラーで上から縫って下さい。お気に入りの漆喰の模様はそのままに、
塗りたての美しさに戻ります。

ぶつけてはがれてしまったら?

漆喰のペーストを剥がれた部分に充填して、平らにしてください。仕上げに模様が付いている
場合は、コテやスポンジで周りの模様に合わせてみます。
最後に#400番程度のサンドペーパーで軽く磨いて、目立たないようにすれば仕上がりです。

小さな割れを見つけたら?

歯ブラシにスイス漆喰を付けて、割れた部分に刷り込みます。翌日にはもう硬く
固まっていますので、上から#400番程度のサンドペーパーで軽く磨いておけば、
割れは埋まってほとんどわかりません。

もしカビが出たら?

強アルカリ性の漆喰ですが、年月が経つと中和していきますので、湿気が
続く場所ではカビが出る可能性もあります。カビが出たら、まず乾いた
空気を部屋に入れて半日程度換気し、漆喰の湿気を放出します。
その後天然エタノールを拭きつけカビ菌を布で拭き取り、良く乾燥させます。
最後に漆喰塗料をローラーまたはハケで上から塗ればもとの通り強アルカリ性に戻り、
カビは死滅し、カビの染みも消えてしまいます。
サブコンテンツ

投稿カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

過去の投稿

お問い合わせ・資料請求無料!お気軽にご連絡ください。

TEL 0120-3030-65
営業時間:8:00~17:00(年末年始・祝日除く)

このページの先頭へ