日立市・水戸市の耐震住宅ならモリハウジング

家づくりの特徴(耐震対策)

モリハウジングが建てる家の耐震性能は「耐震等級3」の最高基準です

日立市・水戸市の注文住宅モリハウジングの耐震性能

地震が多い茨城県の住宅に求められる耐震性能

日立市・水戸市の注文住宅モリハウジングの茨城県の住宅

世界的に見ても「地震大国」と言われる日本。
茨城県では2008年に「茨城県沖地震」(マグニチュード7.0、震度5弱)が起き、2011年3月11日に発生した東日本大震災でも多大な被害を受けました。
その後も常に、大小を問わず地震にさらされているのが茨城県です。

水戸地方気象台から発表された、平成30年(2018年)に茨城県内で観測された地震に関するデータは次のとおりです。

茨城県内で震度1以上を観測した地震回数表

平成30年(2018年)

震度別回数 合計
震度 1 2 3 4 5弱 5強 6弱 6強 7
茨城県 138 75 31 5 0 0 0 0 0 249

東日本大震災以降、地震の回数は減少傾向にありますが、それでも1年に249回の地震が起こっていることは、やはり怖い事実ではあります。

耐震等級とは? 耐震等級3ってどれくらい強い?

これだけ地震の多い茨城県にあって、モリハウジングは国内最高水準である「耐震等級3」の家づくりを行っています。

家づくりを考えている方なら、この「耐震等級3」という言葉をよく聞かれると思います。
では、この耐震等級とはどのような基準なのでしょうか。次の表をご覧ください。

日立市・水戸市の注文住宅モリハウジングの耐震等級3
耐震等級 一般基準
耐震等級1 建築基準法レベルの耐震性を満たす水準 数百年に一度発生する地震(阪神・淡路大震災程度の地震)の地震力に対して倒壊、崩壊せず、数十年に一度発生する地震の地震力に対して損傷しない程度。
耐震等級2 耐震等級1の1.25倍の耐震性能
耐震等級3 耐震等級1の1.5倍の耐震性能

モリハウジングの家は、この最高基準である耐震等級3を取得しています。

なぜモリハウジングの家は「耐震等級3」なのか

では、なぜモリハウジングが建てる家は、それだけ耐震性能が高いのか。
その理由の一つに、当社は昭和元年ごろ、材木店として創業した歴史があります。

モリハウジングでは、柱は一般的な家づくりよりも太い120mm角の木材を使用。通常よりも体積比で30%増の柱が、しっかり家を支えてくれているので、それだけの耐震性能を保つことができるのです。

日立市・水戸市の注文住宅モリハウジングの120mm角の木材

耐震診断はモリハウジングにご相談ください

日立市・水戸市の注文住宅モリハウジングの耐震診断

モリハウジングでは、耐震診断のみのご依頼も承っています。
茨城県日立市では、耐震診断の調査費に補助金が出ます。この耐震診断を行うことで初めて、どんな耐震工事が必要かが分かるもの。

そのため、新しく建てる家だけでなく、今お持ちの家の耐震性能がどれくらい地震に耐えられる家なのか。
心配な方は、ぜひモリハウジングにご相談ください。

日立市・水戸市で新築住宅モリハウジングの見学会の予約 日立市・水戸市で新築住宅モリハウジングの来社予約
日立市・水戸市の新築住宅モリハウジングの見学会予約 日立市・水戸市の新築住宅モリハウジングの直接来場予約