よくある質問(お引き渡し後)



■木の割れる音が聞こえる

問題ありません。

お住まいの構造に使われている木材は、天然の木材です。
湿度変化で収縮を繰り返しています。その過程の中で割れを生じる場合もあります。
天井や壁やの中は密閉された空間では音が響きやすく、小さな割れでも大げさに聞こえます。



■フローリングのお手入れは?

市販の樹脂ワックスを使用してください。

なお、オイル仕上げやワックスをかけてはダメな床材もありますので、電話等でお問い合わせください。



■漏電ブレーカーが落ちてしまう。

漏電ブレーカーをあげてください(復旧作業)。

漏電ブレーカーは安全のため、少しの電流異常を検知しただけで上がる事が多く、
復旧後連続して漏電ブレーカーが上がらない場合以外は心配ありません。

漏電の箇所を探すのはとても大変な作業で時間がかかります。業者による点検調査の前にまずはご自身で漏電箇所を探して見てください。漏電により火災などの事故につながるのはトラッキング現象を起こした場合で、これはコンセントの差し方の不備が原因です。テレビの裏、タンスの後ろ側のコンセントを確認してください。冷蔵庫の裏、洗濯機の後ろ側、子供室の学習机の後ろ側も要注意です。一度コンセントを抜き、埃を払ってから差し直してください。洗面所や浴室など、湿気の多い場所の照明器具のランプを交換してみてください。これらの作業を行っても漏電ブレーカーが下がる場合は、業者にご連絡をお願いします。



■トイレに水漏れが見られる(便器の付け根)

便器付け根の水漏れは尿の場合がほとんどです。

特に座って用を足す男性の場合、便器と便座の間から尿が(わずかですが)便器外に周り、
少しずつ便器付け根へと流れることが多いです。確認する事方法は便座中ほどに
紙製のマスキングテープなどをグルリ貼り、その染みの有無を確認してください。



■トイレに水漏れが見られる(ウォシュレットノズルなど)

設備メーカー問合せ一覧(←クリック)を参照し、メーカーへ修理依頼をしてください。



■床鳴りがする

ほとんどの場合は直ります。

しかし床鳴りは湿度や気温による木材の変形の結果起こるもので、日々変化します。
先週の床鳴りが今週は収まったということも珍しい事象ではありません。
モリハウジングのつくる住宅は無垢の床材を採用している場合が多く、
無垢の床材は特に湿度や気温の影響を受けやすいため、少しの床鳴りは
『無垢の証拠』とお考えください。



■停電した時は?

停電した場合、お住いの中のほとんどの設備が使えなくなります。

通電に備えて、次の作業を行ってください。

〇ブレーカーを落とす。⇒通電した時にトラッキングやショートを起こし火災の原因になります。
〇特に地震などが原因の停電の場合、落下した家電品などのコンセントを抜いてください。
〇ガスボイラーやガスストーブ、灯油ファンヒーターのコンセントを抜いてください。
電気が復帰後ブレーカーを復旧し、各家電品から異音など聞こえないか確認してください。


お問い合わせ・資料請求無料!お気軽にご連絡ください。

TEL 0120-3030-65
営業時間:8:00~17:00(年末年始・祝日除く)

このページの先頭へ