『しっくい』とは

漆喰は100年の寿命

漆喰はCO2を吸収し硬化する「再石灰化」によって元の石灰石へと還ります。
糊や接着剤で固めている土壁とは違い、経年によって砂が落ち始めることがないのです。
しかし100年間メンテナンスが必要ない!というわけではありません。
必ずメンテナンスが必要となります。
でも、天然成分だけでできた漆喰ですから簡単なメンテナンスさえすれば、
あなたの快適な暮らしを一生見守る壁に鳴るかもしれません。



漆喰とは

モリハウジングのスイス漆喰はヨーロッパ全域で3000年以上も前から現在まで、
ごく当たり前のように使われ続ける壁材です。スイスでは特にアルプスから豊富に
算出する、高品質な石灰岩を原料にした漆喰を使うことが現在でも
盛んです。古来から漆喰の強アルカリ性や、調湿性、そして空気を浄化する
特性は暮らしを心地よく、快適に保つことが知られています。
海に囲まれた日本の漆喰とちがい、モリハウジングで標準採用する漆喰は
海藻やスサなどを入れません。スイス漆喰は石灰と石灰が直接結合しやすいように
天然の添加剤を最小限に絞ることで元の石灰石のように堅く丈夫なのです。




匂いが消える?

スイスでは漆喰は王家のお城など高貴な場所での匂いや菌の繁殖を防ぎたい場所で
使われてきました。その理由がスイス漆喰の強アルカリ性と呼吸性です。

空気中の匂いの成分や有害な化学物質をスイス漆喰が吸着し、また
Pn11以上という他にない強アルカリ性が匂いの成分となる有機物を分解して
しまうのです。

だから余計な匂いの付着を避け、香りを重視される
ワインセラーでもよく使われるのです。




自然素材の安全性とは?

スイス漆喰は古代からスイス地方に伝わる漆喰を現代の製法で再現したものです。

合成樹脂などは一切含まず、スイスアルプスから算出する
純度の高い石灰や、亜麻の花の油・アルプスの陶土・天然の
セルロースなどをしゅせいぶんとした 天然成分だけで作られています。
しかし、天然だからといって安心はできません。安全の概念は年々厳しく変わっています。
例えばアスベスト、天然鉱物で機能性が高く当時は「魔法の鉱物」として
重宝されていました。それから30年、アスベスト(石綿)によ塵肺や肺がんなどの
健康被害を引き起こすおそれがあるとして大きな社会問題になりました。



モリハウジングの採用する漆喰を製造するスイスウォール製品は
「安全とは情報開示である」と考えています。だから定期的に
世界最高の化学物質測定機関で成分安全試験を受けるだけでなく、
すべての製品のすべての成分を完全公開しています。「天然成分100%と
完全成分明示」だけが「今日の安全」だけでなく「10年後の安全も証明できる
唯一の方法だと考えて「完全成分明示」に徹底してこだわっているのです。

全成分ブナセルロース繊維、ブナセルロース粉、石灰石粉、石灰石、石灰石粒、
石灰泥チョーク粉、リノールスタンドオイル(亜麻仁油)、水、でんぷん、アルミナ粉、
消石灰


モリハウジングでは今までのたくさんの漆喰施工のノウハウを活かし、
漆喰リフォームのご提案を開始しました。
理由は白さです。
漆喰の白は雪の白と似ているそうです。
解けてしまうと透明な水になる雪と同じで、漆喰の正体は透明な結晶成分です。
このため、(元々透明ですから)褪色することがなく、ヨーロッパの建築物や日本でもお城などの高貴な建築物に採用されました。
さらに、モリハウジングの漆喰には樹脂成分が入っていないため静電気による汚れの吸着が殆ど出ません。
(樹脂成分が入っていないのは割れの原因となりますが・・・)
いつまでも美しい住宅を提供できることが魅力でモリハウジングは漆喰を標準仕様のひとつに選んでいます。

サブコンテンツ

過去の投稿

お問い合わせ・資料請求無料!お気軽にご連絡ください。

TEL 0120-3030-65
営業時間:8:00~17:00(年末年始・祝日除く)

このページの先頭へ